記念硬貨の買取業者で天皇陛下御即位記念硬貨を売った買取価格を紹介します。

バイセルで記念硬貨を買取してもらった話

「天皇陛下御即位記念硬貨」を売ったときの買取価格

天皇陛下御即位記念硬貨を売りました

ここでは、私が古銭買取業者へ記念硬貨を売ったときの話と、そのときの買取価格、記念硬貨について調べた概要や詳細をまとめて掲載していきます。 今回は、額面以上で売れたプレミア記念硬貨「天皇陛下御即位記念硬貨」の買取価格を紹介していきます。

買取のときの相場などによって買取価格は変わるので、一概にはいえないそうですが、家にある記念硬貨の価値をいくらか知りたい場合や、記念硬貨を売るときの参考になれば嬉しいです。

「天皇陛下御即位記念硬貨」を記念硬貨買取で売ってみました!

天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格を紹介

「天皇陛下御即位記念硬貨」とは、天皇陛下が御即位された記念に発行された記念硬貨です。 1990年(平成2年)に発行された記念硬貨で、種類は「10万円金貨」「500円白銅貨」の2種類が作られたんです。

私が持っていたのは、「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」で、直接触れることが出来ないパックに入っていて、「御即位記念」「B08~」と名称とシリアルナンバーが割り振られていました。

天皇陛下御即位記念硬貨の記念硬貨買取での買取価格は、金貨1枚で13万円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! 10万円金貨が13万円の買取価格になったので、3万円も得したことになりますね。

買取業者の査定員の方のお話によれば、一応銀行で両替も出来るみたいですが、そのまま10万円と交換(換金)ということだったので、買取に出されたほうがお得な記念硬貨、ということでした。

ここからは、天皇陛下御即位記念硬貨の概要についてご紹介していきます。

私が売った「天皇陛下御即位記念硬貨」とはどんな記念硬貨?

天皇陛下御即位記念硬貨の概要

「天皇陛下御即位記念硬貨」とは、天皇陛下がご即位されたことを記念して、1990年(平成2年)に発行された記念硬貨です。 天皇陛下御即位記念硬貨が発行されたのは、今上天皇が即位され、年号が”平成”になったときですので「平成天皇御即位記念硬貨」や、「今上天皇御即位記念硬貨」などと呼ばれることもあるそうですよ。

天皇陛下御即位記念硬貨の10万円金貨は、とても繊細な装飾で見とれてしまうほどだったんですが、あとで調べてみると、「鳳凰と瑞雲」「菊の御紋・桐と唐草」がデザインされていたみたいです。 大きさはあまり大きくなく、直径は33mmとのことで、500円玉より一回り大きい感じでしたね。ですが重さはずっしりとしていて、純金で作られている重みがよく分かりました。

天皇陛下御即位記念硬貨・10万円金貨の発行枚数は200万枚で、それぞれにシリアルが割り振られているみたいです。 これは、1986年(昭和61)年に「天皇陛下御在位60年記念硬貨」という記念硬貨を発行した際、偽造が相次いでしまったため、偽造防止対策として導入されたものでした。

スクローラー